HOME特集 ≫ 『35.037,135.024』 醸し人九平次 黒田庄に生まれて
醸し人九平次 黒田庄に生まれて

萬乗醸造 蔵元紹介はこちら

35.037,135.024

35.037,135.024 を、Googleの地図検索「航空写真」で選択して頂くと分かりますが、「醸し人九平次 黒田庄に生まれて」の山田錦を栽培している経度と緯度で、お米が生まれた場所に案内します。

醸し人九平次の自社田

加古川

ゆるやかな加古川 画像の右奥が「黒田庄」

2017年7月23日 醸し人九平次の自社田の見学に行って来ました。
兵庫県西脇市黒田庄町門柳、新神戸駅からレンタカーで高速道路と一般道路を走り約2時間。
加古川の支流を遡った谷沿いにある林の小道を抜けると田圃が見えてきます。

旗瓶とグラス

醸し人九平次の「山田錦」を栽培している所には旗が立ててあり、風になびいています。
この場所は、標高200mから400m、兵庫県の山田錦栽培では最北に位置します。
東西の谷は、風の通り抜けが良いため、稲の病気を未然に防ぐことができます。
また、南北の谷に比べて日照時間が長くなり、良いお米を生産しやすい環境です。

上流側から下流

上流側から下流

醸し人九平次の米作りは、量を追わず、質の良い米作り。
田植えの際は、稲と稲との間隔を広げて、風通しの良い環境にしています。

太陽の恵みを米粒に

栽培責任者の金子敦司さん

栽培責任者の金子敦司さん

自社田

自社田

地元の農家さんのご協力を頂きながら、醸し人九平次の蔵のスタッフが常駐して、夏場は米作りに精を出しています。太陽のエネルギーをどれだけ米粒に凝縮できるか、限界に挑んでいます。

住所 東京都港区赤坂2丁目18番5号
TEL 03-3583-2349
FAX 03-3588-1188
【営業時間】
月~金 12:00~19:00
 土  12:00~17:00
日祝日 店休日

営業日カレンダー

サイト内検索