HOME日本酒 蔵元紹介 ≫ 三芳菊(みよしきく) 三芳菊酒造  徳島県三好市

三芳菊(みよしきく) 三芳菊酒造  徳島県三好市

~千人に一人が気に入ってもらえばよい~

 

創業明治22年、三芳菊の名称は、「其香芳しく、其の色淡く、其の味美しきを以って三芳菊」と銘名されました。 蔵元杜氏である馬宮亮一郎氏は、滝野川醸造試験所で講習生として、東広島市醸造研究所では研修生として酒造りの基礎を学び、その後実家で但馬杜氏について技術を修得、今では5代目蔵元兼杜氏として、酒造りをしています。 目指すは「水とアルコールと香味成分の調和」わかりやすく言えば、アルコール感を感じずに飲める日本酒を目指しています。そのお酒は、ビックリするくらいフルーティーな味わいのする日本酒です。   極端な高温で仕込み、麹を溶かして酸度を上げる造りをしています。そのため、リンゴ酸やコハク酸を多く含む、パイナップルの甘酸っぱいワインのような味に仕上がります。また、ラムネのような爽快感があります。