HOME日本酒 蔵元紹介 ≫ 王祿(おうろく) 王祿酒造   島根県松江市 

王祿(おうろく) 王祿酒造   島根県松江市 

~すべては心が決める~

 

 

王祿の名称は、古来より酒は天の美禄といわれており、この美禄の中でも王者の風格を持つようにという意味合いを込めて命名しています。

 

王祿酒造はなにごとにも、とことんこだわる蔵です。

 

  1. 仕込水は酒造りに適する水を探して、蔵から2Km離れたカルシウムとマグネシウムの豊富な水の湧き出る「黄金の井戸」から、専用の水道管を通しています。
  2. 酒米は山田錦と五百万石のみ。
  3. 酵母は1種類のみで、あれこれと使用していません。
  4. タンクブレンドはしないため、一本一本が真剣です。
  5. 生まれたままのお酒を大切にするため、全てが無濾過です。
  6. 全ての酒が、生か生詰です。(二回以上火入れのお酒はありません)
  7. 搾りの日に全て瓶詰し、その日のうちにマイナスの冷蔵庫に保管します

 

冷蔵庫に保管したお酒は、マイナスの温度帯に管理されているため熟成が遅くなり、長期の貯蔵に入ります。出荷の判断は蔵元の冷とお燗でのティスティングにより決まります。    クール便で出荷後、鈴木三河屋では-5℃の冷蔵庫で保管し、皆様のご注文をお待ちしています。鈴木三河屋では冷蔵庫のトラブルに備えて、4台すべての冷蔵庫がマイナスの温度帯に調整が可能です。また、弊社からの自社配達は、全て冷蔵車でお手元までお届けしています。

 

 

鈴木三河屋は、造り手の気持ちを皆様にお伝えいたしたく、王祿を御購入の皆様に下記の書面をお渡しています。

 

王祿酒造では、タンクごとのブレンドは一切していません。熟成具合を見てから出荷するため、出荷順序は銘柄によって変わります。そのため、蔵元判断の熟成に至らぬ場合には、ヴィンテージが逆になる場合や、タンクの仕込順に商品が発売されないことも多々あります。

すべての王祿は無濾過です。生まれたままのお酒をお楽しみ頂くため、濾過剤を使用しておりません。そのため、オリと言われる白い浮遊物や沈殿物が出ることがありますが、お酒本来のものですので、ご安心ください。