HOME焼酎 蔵元紹介 ≫ 一尚(いっしょう) 小牧醸造  鹿児島県さつま町

一尚(いっしょう) 小牧醸造  鹿児島県さつま町

~鹿児んまの蔵魂 この一滴に注ぐ~

 

鹿児島県の北西部(北薩)にある小牧醸造は、創業1909年(明治42年)です。過去3回の水害にもめげず、復興を成し遂げています。

蔵の北には霊峰紫尾山がそびえ、その伏流水で仕込んでいます。

 

一尚

兄の一徳(かずのり)さんと、弟の尚徳(ひさのり)さんの一文字づつとって名付けされたお酒です。「一尚=一生」一生飲んで頂ける・付き合って頂けるように、日々精進をする意味が込められています。