HOME ≫ 蔵元紹介 ≫ 鶴梅(つるうめ)  平和酒造   和歌山県海南市

鶴梅(つるうめ)  平和酒造   和歌山県海南市

~ロハスから生まれた梅酒~

大量生産・大量消費という20世紀型のライフスタイルが崩れ、人間がもともと持っていたスローフード・スローライフという概念が見直され、世界各国でもLOHAS~ロハス~と呼ばれる概念が少しずつ見直されております。
平和酒造では、「健康的な暮らし」 「自然環境への配慮」 「五感を磨く」 「古いものと新しいもの」 「つながりを意識する」 「持続可能な取り組み」から、鶴梅シリーズのリキュールを造っています。

 

平和酒造の日本酒「紀土」

~火山の地熱で仕上げた黒潮の恵み~

 

都心から南に365km伊豆諸島最南端、太平洋に浮かぶ青ヶ島。周囲9km人口200人ほどの小さな島です。

● ひんぎゃとは 地中から蒸気を噴き出す噴気孔のことです。青ヶ島では外輪山の内壁、カルデラに無数のひんぎゃがあります。

● ひんぎゃの塩 島を囲むミネラル豊富な海水を、火山の地熱でじっくりと結晶させた100%天然の自然海水塩です。熱源の「ひんぎゃ」は、95℃あります。海水をこの熱源を使用して4日ほどかけて水分を蒸発させます。結晶化し始めた塩を釜から徐々に汲み上げ水分を切ります。ある程度水分をきった塩を脱水します。その後、65℃に保たれた乾燥室で塩を乾燥させます。 その後、乾燥した塩をふるい、粉砕します。ふるい粉砕した塩をブレンドして袋詰めして完成です。 3,000Lの原水(海水)から160~180Kgの塩が仕上がります。

住所 東京都港区赤坂2丁目18番5号
TEL 03-3583-2349
FAX 03-3588-1188
【営業時間】
月~金 14:00~19:00
 土  12:00~17:00
日祝日 店休日

営業日カレンダー

サイト内検索