HOME日本酒 ≫ 山形正宗 紅(くれない) 天童産出羽燦々 生もと造り
■ 買物カゴの中身を確認

山形正宗 紅(くれない) 天童産出羽燦々 生もと造り

飲み口
軽快で柔らかな味わい、程よい飲み応え 
生/火入れ
火入れ
単価 : 6,000円(税別) 
数量 :
商品コード
13870
生産者
水戸部酒造
内容量
720ml (4合)
価格
6,000円(税別)
原料米
山形県天童産 出羽燦々(農業法人水戸部稲造栽培米)
精米歩合
40%
アルコール度数
16度
備考
<「日本の伝統色」シリーズ>                                            構想を練る中で「スペック関係なしで心から美味しいと思えるお酒こそ」フラグシップに相応しいという結論に至り、試行錯誤を重ねて「40%精米くらいで、生もと造りをちょっと寝かせる」のが一つのいいポイントであると考えました。綺麗な旨味と落ち着きを合わせ持つ「最高の普通」。「山形正宗」の新しいフラグシップの誕生す!!                                                    ラベルと化粧箱は、伝統的な日本の色の美しさが伝わるよう、色味の表現に細心の配慮をして、実際に草木で染色した布地の色合いを分析し、色ムラも含めて自然な雰囲気がでるようにデザインしました。また「山形正宗」のロゴは伝統的な市松模様の意匠を取り入れていて、じわじわと愛着が湧くデザインになっています。

スタッフから一言

「山形正宗」から今年新たにフラグシップに相応しい「日本の伝統色」シリーズ3種『藍(あい)』・『紅(くれない)』・『鞠塵(きくじん)』が発売されました。                                         ここで紹介する「紅(くれない)」は、山形を代表する花「紅花」。古より最上川の舟運により都に運ばれた紅の花は、一切の混ぜ物を行わない技法で染料となり、その真に深い赤は多くのみやこびとを魅了して参りました。お米は、酒蔵を構える天童で蔵人が自分たちで栽培した「出羽燦々」を使用しています。                                                              年末・年始のお酒に、また箱付きですので、ご贈答にも最適です。

ほんのり洋ナシを思わせる淡い香り。軽快な口当たり。柔らかな甘味・旨味を凛とした酸味が支えて、透明感のある軽快な味わいの中にも程よいコクを感じます。後半は、ややドライな印象になって切れ味鮮やかです。軽快で柔らかな味わいながら程よい飲み応えもあり、後半の仄かな渋味がアクセントになって料理との相性もよさそうです。

(更新日:2019年12月25日)

単価 : 6,000円(税別)
数量 :

水戸部酒造の商品

■ 買物カゴの中身を確認